片思いが実る!男性用の無料占いがコレ!

特に女性は好きな方が多いですが、男性の中にも好んで利用する方もいる「占い」は、現在無料で利用できるサービスがたくさんあります。
毎朝、テレビで流れる占いを見てから出勤、登校する方は少なくありませんが、時間や場所を気にすることなく自分に合わせた占いを見ることができる分だけ、スマートフォンアプリやWEBサイトの占いの方が使い勝手が良いです。

何を占いに頼ろうとするのか、占いの結果からどのようなことを得るのかは利用者ごとに違います。
たとえば、「その日一日の運勢」を見てモチベーションを維持する方もいれば、恋愛を成就させるために占いの結果を基に行動を決める方もいます。
さまざまな目的で利用される占いですが、ときに「願掛け」近い目的で利用されることもあります。
たとえば、「片思い中の相手と親密になりたい」という願いを込めて恋愛運をチェックするといった具合です。

テレビで流れる占いは、主にお抱えの占い師が占った結果をまとめて発表しています。
その占い師は、別に占いの結果を発表する場を持っている方もいればそうでない方もいますが、幸いにも「複数の番組で異なる占いの結果を発表する」ということはありません。
当然と言えば当然のことですが、同じ占い師が導き出した結果が状況によって変わってしまうのであれば、安心して占いを頼めなくなってしまいます。

片思い中の相手に対して、「どのようなアプローチをすれば良いのか」「いつ告白すれば良いのか」「将来の関係はどのようになるのか」といった悩みや不安を解消するために占いを用いる以上、その結果に何らかの説得力が求められます。
多くは「当たるという評判」だったりするわけですが、そういった信用を得ることも占い師の重要な仕事です。

信用を得ることが重要な仕事になるということは、逆にいえば「信用を貶めるような言動や行動はしない」ということにもなります。
つまり、占った相手に対して「良いことばかり伝える」という状況が必然的に増えてしまい、悪いことはほとんど教えてもらえないままになってしまいやすいということです。

恋の悩みを相談しに行ったとして、本来の占いの結果は「上手くいかない」というものだったとしても、占い師は「このままでは難しいからもっと頑張らなければいけない」といったニュアンスのアドバイスに変えてしまう可能性があるということです。
これは、「未来を見通せる」のであれば必要のないアドバイスということになりますから、当然のことながら「本当に未来を見通しているわけではない」ということになります。

利用者の多くもその事実は理解していますが、「きっかけが欲しい」「背中を押して欲しい」といった希望をもって占いを利用するわけです。
そのため、片思いの相手との行く末を占ってもらおうと考えるときには、すでに何らかの方向性がみえている状態であることが多く、その状態が望んでいるものではないからこそ占いによってきっかけを得ようとする傾向が多いです。

また、人によっては結果うんぬんではなく「占ってもらうことが好き」という場合もあるので、結果に関係なく利用する方も少なくありません。

恋愛に関する占いをする方法として、お互いの誕生日(生年月日)を元に相性を占う方法が良くあります。
これは、あらゆる占いの方法において基本といえるものであり、姓名判断などと組み合わせて人間性の特徴を分類し、そこから合うかどうかを判断すると言った仕組みです。

片思い中の対象がまだ交際に至っていない場合と、すでに一旦交際をして破局してしまった状態から復縁を望んでいる場合などでは、状況が同じだとしても効果的なアプローチの方法は変わってきます。
そのため、本来は状況に応じて別々のアプローチ法やアドバイスを贈ることになるわけですが、ほとんどの占い師はそうしません。
その代わり、「どのような状況にも該当するような至極当然のアドバイス」をします。

そもそも、思いを寄せている人に対してどういった対応をすれば良いのかという悩みを解消するためには、「素直に自分の気持ちを伝えるべき」というのが大概の回答です。
それもそのはず、いかに好きだろうが嫌いだろうが、その感情を相手が他人が理解するためには「伝える」という行動が必要です。
時には、言葉を口にしなくとも伝わることもありますが、それはあからさまな状況証拠から感じ取る推測に過ぎません。

兎にも角にも「好きだ」という気持ちを伝え、それからどのような判断をするのかを考えてもらう方が明らかに建設的です。
もし、告白した段階では交際の可能性がなかったとしても、いったん断られてしまえばそれで終了ということにはなりません。
むしろ、告白することによって相手が気持ちを意識するようになり、それがきっかけで好きになってくれることもあります。

性別による特徴もありますが、占いではそういったアドバイスをすることによって「きかっけ」を提供するわけです。

«
»