片思いの相手とのこれからが知りたい…おすすめの占いサイト!

「水晶王子」という占いサイトは、お笑い芸人きっての的中率を誇る占いで知られる人が「師匠」と仰ぐ占い氏が監修しているサイトです。
当然、それだけ的中率が高く的を射たアドバイスができる占い師が監修しているわけなので、利用者にとって有益な情報がたくさん提供されます。
実際に会って直接占ってもらうわけではないので細かい部分まではないものの、それでもなお「当たる」という評判です。

占いを利用する目的はさまざまです。
「仕事」「人生」「恋愛」などにおける悩みを解消するためだったり、重大な選択を迫られている状況でどのような選択をすれば良いのかを教えてもらうために利用されることは非常に多いのですが、特に「恋」に関する悩みを持って利用する人はたくさんいます。
片思い中の相手とどのような関係に進展していく可能性があるのかが分かれば、運否天賦ではない運命(未来)を目指して邁進することもできるようになります。

とはいえ、そもそも占いは「人の運命はおおむね決まっている」という体に立っているわけなので、どのような結果が出ても運否天賦でしかありません。
要は、その人が持っている運などを明らかにする手段が占いであり、その結果を得てどのように認識するのかは自由です。

たとえば、恋愛の相談をして「最悪の相性」だと言われたことで別の人に目を向けるようになった結果、見事に幸せな結婚を手に入れる可能性もあります。
しかし、その相手と幸せな結婚に至る可能性も十分にありますし、最悪な相性の相手との交際を経て幸せの掴み方を学習するという選択肢もあります。
要は、「何でもあり」です。

「水晶王子」の占い師がどのような世界を見て、その結果を対象者に発信するのかは本人しか分かりません。
必ずしも本音や事実のみを伝えているとも限らないため、もしかすると裏にとんでもない事実が隠されている可能性もあります。
ただ、いずれにしても利用者側が納得できる結果を得られたと感じられれば良いので、それに沿って占い師は言葉を取捨選択すること自体は至極当然のことです。

しかも、高額な鑑定料をとっているわけでもなく「無料」で利用できるサービスである以上、本来ならば的中率90%のところが50%になってしまったとしても何の文句もないレベルといって問題ありません。
実際にあって、人相や手相なども組み合わせながら結果を占い方法と違い、姓名判断や生年月日から大よその当たりを付けるだけにとどまってしまったとしても、無料である以上は文句はないでしょう。

占いをどのようにとらえるのかは人それぞれです。
風水が好きな人は、生活のすべてを風水に頼って行動することもあります。
その甲斐あって、実際に大金持ちになった人もいるに入るのですが、それが本当に風水の力によるものかどうかは証明の使用がありません。
ただ、「信じるものは救われる」という精神で妄信するほかない状態です。

「水晶王子」がなぜこれほどまでにも人気なのかというと、単に的中率が高いからというだけではありません。
当然、当たる占いを聞きたくて利用しているわけなので、当たらないよりは当たる方が良いに決まっています。
ただ、「当たっている」という判断は主観的なものでしかとらえることができないため、本来はかすりもしない結果を受けて当たっていると感じることもあります。

そもそも、多くの占いは「抽象的な結果」を提示します。
たとえば、「北の方向に良いことがある」といったことが書いてあった場合、偶然北の方角に関連するできごとの中で嬉しいことがあった時に「占いの通りだ」と認識します。
しかし、「北」のとらえ方にはいくつかのパターンがあって、方角としての北、名前に北の字が使われている、向かって正面上方向を北と捉えるなどさまざまです。

こういった抽象的な言い回しをするからこそ、「誰かにどれかが当てはまる」という状態が出来上がります。
後は、利用した人が「占いで言われた通り」と認識するかどうかの違いだけです。
世の中に占いを信じる人と信じない人がいる最たる理由がこれで、信じていない人でもピンポイントかつ具体的な予想や予言を的中させられれば瞬く間に信じるようになります。

逆はそうそう起こりませんが、実際に多くの人から支持される占い師の中には「具体的な内容」を絡められる人がいます。
抽象的な内容がまったくないわけではないにしろ、具体的な内容が含まれているからこそ利用者にとって価値のある結果として受け止められるわけです。
そして、「水晶王子」はその傾向があることで有名です。

ただし、片思いの相手との将来を知ることができたとして、それはあくまでも「その時点での結果」に過ぎません。
その結果を受けてどのような選択をするのかは本人の気持ち次第で、良い結果が悪くなってしまうこともあれば、悪い結果が良くなることもあります。
結局、「目標達成に向けたカンフル剤」としての認識が有効だということになります。

«
»