片思いの相手は運命の人?無料の占いサイトでチェック!

「恋愛」は、誰もが一度は経験すると言っても過言ではないイベントです。
幼少期、近所に住んでいるお兄さんやお姉さんに恋心を抱いたり、同級生や先生に恋心と抱くと言ったことは何ら珍しいものではなく、至極普通の成長過程といえます。
しかし、ほとんどはこの時の恋心を「恋」とは認識しないため、一般的にいわれる「初恋」は小学生中学年以降になることが多いです。

当然、人によっては非常に早い段階から恋心を自覚する場合もあります。
もちろん、その恋心が見事に成就する可能性は低いのですが、中にはそういった方と結婚するケースもあり得ます。
それはともかく、「片思い中の相手との関係が今後どのように進展していくのか」ということに興味が向かないケースは稀です。
むしろ、恋心を抱いている相手からどのように思われているのか、どんな将来が期待できるのかに興味津々です。

現在有名な占いサービスの一つである「水晶王子」は、芸能界で格別の信用を得ている占い芸人お墨付きの占い師による鑑定が受けられるサービスです。
自分の未来に関する内容を本音で、はっきりと答えてくれるもので、その的中率の高さから非常に高い人気があります。
しかし、「そもそも占いとは何か?」を考えることも大切です。
せっかく価値のあるサービスを利用したとしても、その結果を活用できなければそれほど意味はありません。

現在、有名な占いの種類には、「姓名判断」「占星術」「陰陽術」などさまざまなものがあります。
それぞれの占い師によって用いるベースが異なったり、複数の組み合わせを用いていたりしているために結果に違いが出ます。
しかし、実はまったく同じ方法で占いをした場合でも、占い師によって結果が違ってきます。

そもそも占いとは、将来の展開を確実に当てるものではありません。
むしろ、何かしらでもピンポイントで未来予測が的中すること自体が稀です。

どういうことかというと、「占いは誰にでも当てはまりそうなことを適当に行っているだけ」の可能性が高いということです。
もちろん、中にはしっかりとピンポイントで将来の予測ができる占い師もいます。
いるにはいるのですが、そういった本物の占い師に関してはあまり表に出てきません。
インターネット上で占いサービスを提供することなど本来では不可能に近いほどの状況ですが、「あらかじめ決められたパターンによって回答する」というシステムを採用することで成り立っています。

もし、本物の占いを聞きたいのであれば、本人に直接占ってもらう必要があります。
しかし、大人気の占い師の場合は数か月~数年待ちになることも珍しくないうえ、費用も高額です。
それだけの期間を待ってまで片思い中の相手との関係性などを聞きたいのであれば良いのですが、多くはそれほどまでのニーズを持ってはいないために「手軽なサービス」を利用する機会が多くなります。

「水晶王子」でサービスを提供している占い師が非常に優れた能力を持っていること自体は事実かもしれませんが、だからといってインターネット上で配信されているサービスにもその評価が当てはまるとは限りません。
むしろ、利用者と向き合って占いを行い、その結果を提供するわけではない以上、「当たらないかも知れない」というスタンスで利用することが大切です。

片思い中に占いに頼りたく心理は、「結果がどうなるのかが分からないから」に他なりません。
もし、相思相愛であることが誰の目にも明らかな状況であれば、何を不安になるわけでもなく告白することができます。
もちろん、多少の不安は残ってしまうかもしれませんが、「お互いの心を伝え合った後に告白をする」という状況であれば、好意を寄せる相手と交際できることに対するドキドキ感はあっても、フラれるかもしれないという不安はそう感じるものではありません。

そして、この「分からない」という部分が非常に重要です。
誰しも将来の出来事を確実に把握することはできません。
ある程度の根拠が揃っているならば予測を立てることは可能ですが、いかに有効な情報を活用したとしても100%の将来を見通すことは不可能です。

しかし、「占い師のおかげで素敵な出会いをゲットすることができた」という事実があるということは、占い師は将来を的確に予測することができていることになってしまいます。
しかし、それは科学的に見ても不可能であることが立証されているため、つまりは「見通せていない」わけです。

占いでは、ピンポイントに近い予測が可能な素晴らしい能力を持っている方も確かにいます。
しかし、そういった能力があるからといってピンポイントの予測をすることはほとんどなく、むしろ「誰にでも当てはまりそうなこと」を言うだけに留まることが普通です。
つまり、片思いの相手が運命の相手かどうかを占いで判明させようとすること自体が適当ではなく、「占いによって片思い中の相手にアタックする勇気を得る」というのが適当です。

«
»