占いで片思いの相手との相性が良くないと言われたら諦めるべき?

女心と秋の空。
そんなことわざがあるように、人の気持ちは移り変わりやすいものです。
恋愛女子の場合は、なおさら自分の気持ちがわからなくなることも多いでしょう。
特に最初は相手に会えるだけで楽しかった片思いの期間なのに、長くなってくると切なさで押しつぶされそうになります。
そんな時にふと試してみた占いで「片思いの相手との相性が良くない」と言われたら諦めるべきなのでしょうか?

答えはノー。片思いの相手に限らず、人との相性が良いか悪いかというのはあくまでも運命や可能性でしかありません。
運命を変える方法はいくらでもありますから、もしあなたがあっさりした性格であれば占いに従って諦めるのも良いし、自分を信じて片思いの相手を思い続けるのも正解なのです。人生に不正解はありません。

かと言って、はっきりそういう結果が出てしまった場合、悩むのが人という生き物です。
ちゃんとわかっていたはずの自分の気持ちや性格についてまでも、恋愛以前の状態はどうだったのかがわからなくなってきます。
それが、片思いの副作用のような症状だからです。
相性が悪いというだけできっぱり諦められたり、反対にどんな結果になろうとも片思いを続けていくという決断ができれば、もうあなたの心は固まっています。相手のことを思えば思うほど、そうではないから悩むのです。

エンジェルカードというものをご存知ですか。
別名オラクルカードとも呼ばれているものです。
古代より神とエンジェルのメッセージを読み取るためのものとして知られてきました。
このエンジェルカードで得られるスピリチュアルなメッセージは、あなた自身の置かれた環境や気持ちの移り変わりによって変化していくものなのです。

どうしてそんなメッセージが得られるのか、実はエンジェルカードというのは占いではありません。
今の自分自身の本音や心の訴えを明確に表してくれるものと言えばわかりやすいでしょうか。
今の悩みや問題に対して、それでは本当はどうしたいのか、どうしていくべきなのかを示してくれるようなカードなのです。

今の悩みや問題が先ほどの「片思いの相手との相性が良くない」と言われたことであれば、それに対して自分はどうしていきたいと思っているのかをまず考えてください。
そして、どのようなメッセージが欲しいかを思い浮かべます。
自分の考えを後押しするようなメッセージなのか、その道に進んで良いのかどうかを答えてくれるメッセージなのか、どんな種類のアドバイスをして欲しいかを具体的に考えながらエンジェルカードをひきましょう。
そうすれば、より身近でより必要なメッセージを示してくれることでしょう。

エンジェルカードそのものにも、1枚1枚にパワーが宿っていると言われています。
なぜかわからないけれど手元に置いておきたいようなカードがあったり、身体や心のコンディションによって気になるカードが変化するのは、今そのカードを必要としているからかもしれません。
カードからのパワーを受け取ることによって、コンディションが修復されていくということも考えられます。
また、日常的に使用しているカードからのエネルギーを受け取るのと同時に、カードにエネルギーが移る場合があります。
良いエネルギーだけとは限りませんので、長い間使用しなかったカードを久しぶりに出してみた時や、他人に貸したりした際にはエンジェルカードに移ったエネルギーを浄化してから使用することをおすすめします。

さて、片思いの相手を諦めるべきかどうかがノーだったからといって、そのままにしていては運命にまた近づいてしまう可能性が大です。
状況に流されてしまうのではなく、例えばどういうことで相手との距離を縮められるのか、できる限りの努力を考えてみましょう。
学校や職場で見かける相手なのであれば、少しでも興味を持ってもらえるようにファッションやヘアスタイルに気をつかうことも大切です。
二人きりで話す機会があるのなら、相手の趣味や好きなことをリサーチしてみてください。
共通の友達を探して、味方になってもらうのも方法です。
女子力を高めながら少しでも相手の生活との接点を探して、増やしていきましょう。
ただし、相性自体はあまり良くないという結果なのですから、無理な会話や相手の気持ちを無視した態度は絶対にしてはいけません。
あくまでも少しずつ心を開いてもらえる努力をすることが大切です。

最後に、運命や生き方の可能性は変わっていくものです。
前向きな努力をしているうちに、新たな気持ちに気がつくかもしれません。
それがどんな結果をもたらすものであったとしても、迷ったときはいつでも気軽にカードに尋ねてみましょう。
恋愛においてはなかなかポジティブに受け止められないことも多いかもしれませんが、その答えは必ず前向きに活用していくことをおすすめします。
そうすることによって、バイオリズムが変わるタイミングがきっとあります。

«
»