占いで片思いの相手との相性が悪いと・・・終わらせるべき?

片思いの相手がいる場合には、相手との相性が気になるものです。
自分が相手のことをどんなに好きでも相手との相性が悪ければ恋愛もうまくいなかない可能性もでてくるため、不安な気持ちにもなります。
占いによって片思いの相手との相性を占ってもらい相性が悪いとでてしまったら、かなりのショックです。
ですが、恋愛において占いですべての運命が決まるとは限りません。
あくまで相性が悪いという可能性を秘めているというだけで、付きあうことにより必ず相手との仲が悪化するということにはならないでしょう。

さまざまな占いをしてみる

基本的に占いといってもいろいろな占いがあります。
タロットなどが比較的有名ではありますがそれ以外にも占いで恋愛に対しての相性を占うことができるでしょう。
一つの占いで悪い結果が出たからといってそこで諦めずに他の占いもいくつか試してみるというのも一つの方法です。
すべての占いが同じ結果になるとは限らないため、いろいろな占いの結果から総合的に捉えてみるというのもいいでしょう。

占いをポジティブに捉える

基本的に占いの結果がよくても悪くてもポジティブに捉えるということも大切です。
人によっては自身の欠点や気になる相手との相性など判断がつきにくく、男性であっても女性であっても相手との距離を縮めるのは不安になるものです。
そのため、占いに頼ることも一つの方法ですが結果が出た場合にはいい結果ならそれを素直に受け入れることも必要です。
また、逆に悪い結果が出た場合には、その内容を受け止めそのような結果にならないように行動してみるというのも一つの方法といえます。
悪い結果ということは、なんらかの原因がある可能性や相性に関しての悪い結果なら相手とのトラブルになりやすい可能性もあります。
ですが、そのような相性が悪い、合わないということを先に知っているという点はメリットともいえます。

何も知らずに相手との仲を進展させケンカをしてしまったり、取り返しのつかない結果になってしまうこともあります。
ですが、相手に対して積極的な行動に出る前の段階で相手との相性がよくないというならそれを踏まえた上で行動をとることが可能ということでもあります。

アプローチの仕方に注意してみることや相手との相性ができるだけよくなるように努力してみることもできるでしょう。
ある程度相手との仲が進展することで恋愛にまで発展した場合でも、相手のことを思いやる心を大切にして、行動し続ければ相性が悪いという点に関してもしっかりとカバーすることができ相手とのトラブルも回避することも不可能ではありません。
占いに関してはどのような結果が出たとしても考え方一つで捉え方などを変えることもできます。
占いの結果から自分がどのように行動すればいいのか判断の目安として利用することが大切です。

相手のことが好きという気持ちが重要

相手のことが気になる、片思いという方はまず自分の想いに素直になることが大切です。
相手から好意を抱かれたいという思いもあるでしょうが、基本的には自分が相手のことをどれだけ想っているかという点がとても重要なポイントです。
嫌われたくないという不安な気持ちが芽生えることもありますが、好意を抱いてくれていることに対してよほどのことがない限り不快に思う異性もいないでしょう。
基本的に相手に対し素直に接することで、自然と相手にとって好意的な行動をとることができるはずです。

また、相手側も真摯な気持ちで接することでその行動からこちらの想いに気付くこともあり、そこから恋愛に発展することもあります。
ダメもとであっても積極的に相手にアピールすることは時には重要なこともあります。
強引な態度を取ることはよくありませんが、あくまで自身の気持ちが相手にきちんと伝わるように自分なりの方法で行動してみましょう。

相手の性格を受け入れることも大切

相性が悪いということは、自分と性格がかなり違う傾向があるということです。
そのため相手の行動や考え方に対しての違いにショックを受けることや引っかかる部分、ストレスとなる可能性もゼロではありません。
ですが、その一つ一つにいちいち指摘したり、強い口調で否定してしまうとお互いの関係がこじれることになります。
相性が悪いという場合には、相手の立場や考え方をよく考えて相手の性格そのものを受け入れる広い心を持つことが大切です。

好きな相手という場合にはなおさら相手の性格や行動に対して好意的に捉えることで、いちいち相手を不快にさせるような言動をしないことも重要なポイントの一つといえるでしょう。

占いの結果はしっかりと受け入れることも必要ですが、最終的には恋愛においてお互いの気持ちが重要です。
お互いを思いやることを忘れずに、相手を尊重することを忘れなければ占いでどのような結果が出たとしても諦めることなく、相手との仲を進展させるために行動をとるべきです。

«
»