占いで片思いの相手と付き合う可能性を知りたい!

占いで片思いの相手と付き合う可能性の、そのものズバリを知ることは、片思いの相手と自分との現時点での関係性やお互いの立場や状況によって難しい場合があります。
とは言え、とても仲のいい友人同士であれば、なにかのきっかけでその距離が一気に縮まることもありますので、そういった展開にするにはどうしたらいいのか、告白する時期はいつごろがいいのかといったヒント得るために占いに頼るという考え方もあります。
占いによって片思いの相手と付き合う可能性を知るというよりも「占うことで、片思いから両思いに進化させる可能性を高める」という考え方で占ってもらい、結果に向き合います。
占いの結果に左右されるというよりも、占いの結果を生かして、現実のほうを左右するくらいの気持ちで臨んでこそ、恋愛成就やそれによってもたらされる運命に、占いを生かすことができます。

片思いの相手と晴れて恋人同士になれるかどうか、それがわからないからこそ、あれこれ想像を巡らせてドキドキする毎日を過ごし、その切ない思いを抱く期間こそが恋の醍醐味とも言えますが、片思いの彼の周囲にライバルとおぼしき女性がいた場合、心穏やかではいられません。そういった場合の占いは特に、両思いになれる日をのんびり占うのではなく、片思いの相手と恋人同士になるための具体的な方法を知るために占い結果を生かすくらいの気持ちでいるほうが、占い結果も良いものになると考えられます。
できるだけフラットな気持ちでいたほうが正確な占い結果が出やすいという考え方もありますが、恋愛を成就させるのは、それを強く望む自分自身であることをしっかり見据えることが運命を好転させる大切なポイントです。

片思いの相手と、この先うまく行くかどうかを考えるにあたって、多くの人が占うのが相性診断です。
今はインターネット上に無料の占いサイトが数多くあり、シンプルなものでは、お互いの生年月日を専用フォームに打ち込んで相性やこの先の運命を占う誕生日占いや、お互いの名前の画数などから占う姓名判断、タロットによる占いもあります。
占い好きの人であれば、評判のいいサイトでの占いは既に一通り行っていて当たり前といった感もありますが、占い結果に一喜一憂する前に、今一度「相性」というものについて考えてみるのも、占いの結果を生かして、この先の現実の運命を紡いでいく上で、非常に大事なことと言えます。

相性診断は、いろいろな占いサイトで、占い方の種類を変えて試した人であれば、同じ人との相性を占っても占いの方法やサイトによって導き出された結果が、少なからず違っていることに気づいているはずです。
すべての結果が不思議と似通っていると感じるケースもありますが、細部まで同じと言うことはまず考えられません。
結果が似ていると感じる場合は、出た結果の文章を読み取る自分の思考のクセのようなものが、解釈に影響を及ぼしている面があります。
人間の脳は、本人が自覚する以上に「見たいものしか見ない」という面があり、心のどこかに「こうあって欲しい」という願いが強くあると、占いの結果などもその願望に沿った解釈を行うようになります。
それがポジティブなほうの解釈であれば、むしろ申し分ないのですが、ネガティブなほうに引っ張られてしまう危険性もはらんでいます。
その点では、自分にネガティブな思考のクセがあると自覚している人は、できるだけポジティブな内容が書かれた占いの結果のほうを選択して、その占いこそが「自分にとって相性の良い占い」と決めておくほうが、占い結果をこの先のより良い運命に生かすことができるようになります。

片思いを両思いにするには、何度も占いを繰り返すばかりではなく、結果を真摯に受け止めて分析して、よくない結果として出た要素があった場合、自分ができる範囲で改善できるものは改善していくといった努力も必要になります。
片思いに終止符を打つにあたっては、相手に思いの丈を伝える告白を実行に移すことが一番ですが、打った終止符が良いほうに出るか悪いほうに出るかが怖いからこそ、長期にわたる片思いを抱くことになります。
クラスメートやサークル仲間、職場やバイト先の先輩後輩など、ふだんいい感じの友人関係という場合、その関係性を良くも悪くも激変させてしまうだけに、距離が近しいほど告白が難しいのが実情です。
ただ、ライバルとおぼしき存在が身近にいる場合は要注意で、ストイックな片思いが裏目に出て、ライバルのほうが先に告白するなど、先を越されてしまう可能性もあります。
占いによる相性診断は、憧れの人と晴れて恋人同士になってから、占い結果よりも意外に相性が良かったり、思わぬところで相性が合わなかったりといった違いに一喜一憂するためのもので、せっかく相性バツグンという診断結果が出ていても、ライバルに先を越されて、片思いの彼が自分以外の人とカップルになってしまっては元も子もありません。
好きな人との相性には、自分のほうから合わせていくという気合いを持って憧れの人を見守り、ここぞというタイミングを逃さず告白してこそ、運命を切り拓くことができます。

«
»