既婚者の相手に片思い・・・占いで相性が良いといわれたけどどうすればいい?

既婚者を相手に好意を抱いてしまった場合、選択肢は2つです。
「諦める」「諦めない」のいずれを選択するのかによって、その後の展開が大きく変わってきます。
通常、配偶者がいる相手を好きになってしまった場合には、社会倫理に反するということで諦めることになります。
しかし、中にはそういった状況でも諦めることができずに思い続け、「不倫関係」になってしまうこともあります。

とはいえ、ただ単に不倫が悪いといっているわけではありません。
スタートが不倫関係だったとしても、最終的に素晴らしい夫婦になることはもちろんあるので、必ずしも幸せになることができないというわけではありません。
ただ、通常の恋愛関係から発展していく普通の関係とは違い、その可能性が極端に低くなってしまう点が大きな問題です。
かてて加えて、社会的に肯定されることがない状況でもあるため、「世間体」の問題も関係してきます。

男性には少ないですが、そういった悩ましい状況に陥った場合に「占い」に頼って行動を決めようとする人がたくさんいます。
タロット占い、カード占い、占星術、姓名判断、手相などさまざまな占いの方法がありますが、特に方法にこだわるという傾向はほとんど見られません。
方法うんぬんではなく、「結果」が重要とする考え方が一般的だからです。
ただ、「当たる」と有名な占いは偏った種類の可能性があります。

占いの本来の目的は、「悩める人に対して指針となるべきものを授けること」だと思い込んでいる人がいますが、実はこれは正解ではありません。
そういった使い方をすることが一般的ではあるものの、元々は「戦争術」として使われていたものです。
具体的にどのような行動をすれば良いのかという判断を伝えるためのものではなく、「勝敗を占う」「時期を決める」といった段階で「きっかけ」を得るための方法に過ぎません。

現在ではそういった目的で占いを使うことは「少なくとも日本では」ありません。
世界中を見渡せばいまだに多くの環境で占いが戦争の道具として使われることがあるのですが、日本のように平和的は目的でのみ利用している国は比較的少数派です。
それゆえ、占いに対する認識が大きく変わってしまったといえます。

不倫相手との相性が良いといわれた場合、それを理由に不倫に積極的になってしまうことも少なくありません。
最終的には自分と結婚することになるのではないかという希望を抱くことも多いのですが、そういった決断をしているのはあくまでも本人でしかないため、仮に結果がまったく違うものになってしまったとしても誰かを責めることはできません。
なぜなら、「占いはきっかけを得る手段」にしか過ぎないためです。

そもそも、何を根拠に「相性が良い」といっているのかが問題です。
もし、未来を予知することができる人が実在するとして、その人が「将来は素晴らしい夫婦になることができる」といった場合には、それを理由にするだけの根拠として捉えることができます。
しかし、現実的にそういった人が実在している事実は存在しないため、占う人の感覚、予測や勘に頼ったものでしかありません。

その程度の根拠しかないアドバイスに過ぎないものを妄信し、社会的に良く思われない不倫に積極的になるというのは「愚行」だといわれてしまっても反論できない状態です。
当然、恋愛中は盲目的になることも多くの人が理解しているので同情を得られる可能性にも期待が持てますが、そうだとしても「社会悪」としてのレッテルをはられてしまうリスクを避けることはできません。

それでもなお相手のことを諦められなかった場合の一部、「相手も本気になってくれた場合」に限ってのみ周囲から見ても評価できる夫婦になることができるわけです。
ただし、この場合は「元の関係を知っている人がいない状態」である必要があるため、必然的に引越して環境を変化させる必要があります。
また、その状況でも慰謝料や養育費などの不要な負担を負うことになる可能性もあるため、けっして楽な方法ではありません。

不倫をしている人はけっして少なくありませんが、「不倫から成功する人」は極端に少ないです。
恋愛中に人の彼氏や彼女を略奪する状況とはまったく違うため、必然的に成功率が低くなってしまうことは致し方ありません。
特に、「独身女性が既婚男性に対して好意を持っている状況」では成功率が低くなります。

というのも、多くの場合でこういった状況では「キープ」にしか過ぎないことが多いからです。
男性の本当には「多くの子孫を残したい」というものが残っているため、妻以外にも子孫を残せる可能性を探しています。
どれほど口では上手いことを言って女性を納得させていたとしても、「結局はキープでしかない」と考えて行動した方が失敗が少なく済みます。

対して、「独身男性が既婚女性に好意を寄せる場合」に関しては、成功率が高まります。
これは、女性が本能に「より優れた遺伝子を残す」という情報を持っているからです。

«
»