片思い占いコラム

占いで片思いの相手に告白するタイミングとかも分かるの?

恋の成就は告白のタイミングにあるとも言えます。
特に長く片思いを寄せている大好きな男性への告白の場合、ずっと大切に守ってきた相手への思いの深さのぶんだけ、いい感じのタイミングで告白をして両思いを実現させたいものです。
ここ一番というタイミングは、大好きな人の行動パターンなどをある程度把握していても、なかなか見極めるのがむずかしい面があります。
告白は、ある意味、大切にしてきた片思いを、結果はどうあれ終わらせる瞬間にもなります。
これまで自分が大切にしてきた気持ちを思い切って告白するのであれば、最高の結果、すなわち両思いに、なんとしても結び付けたいものです。

恋愛にとって最も重要なミッションである告白を成功させるための絶好のタイミングを、あらかじめ知ることができたら勇気100倍です。
その大事なタイミングを占いで調べるというのも一つの手立てです。
占いは、非科学的と言う人もいますが、何を行うにおいても、その行動を起こす前の「心の持ち方」というのが、成功か失敗かの大きな分かれ目を握ると言えます。
事前に「うまく行きそう」と思って挑戦することと、「ダメかもしれない」と思ってオドオドしながらやり始めるのとで、結果が変わることを、多くの人が強く意識するしないにかかわらず経験しています。
占いは「うまく行きそう」と思える日時や瞬間を知るための大切なステップという面があり、心に良いエネルギーを注ぐためにはかなり良い方法であり、手段でもあると言えます。

恋愛における占いでは、お互いの誕生日から大好きな相手と自分との相性や、その男性との未来についてを占っていくという誕生日占いというものがあります。
誕生日占いそのものにもいくつかの種類がありますが、古来から伝わる数秘術と呼ばれる方法を使い、誕生日の数字に特別な計算式を用いて運命にかかわる重要な数字を割り出し、運勢についてやこの先の運命を占う方法です。
数字というものは、想像以上に世界に影響を及ぼしていて、さまざまに行われる無意識の行動も、数字によって割り出すことができるといわれてます。
物理の世界では宇宙の真理を解くためのカギとなり、身近なところでは、デジタルの世界は数字がすべてを作り上げているものです。
自分と、自分が片思いしている相手の誕生日から割り出した特別な数字を占いに活用することで、お互いの運命にかかわる重要な数字を知ろうとすることは、ある意味、自然の法則に適っている面もあります。

タロット占いも、恋愛を占う上では非常に重要な役割を果たします。
誕生日占いが告白のタイミングというピンポイントの日時や場所などを知るための方法であるならば、タロット占いは、集約された点から広がる空間を知るような、高い視点からの運勢を知るための方法といった側面があります。
タロットをあまりよく知らない場合でも、何か意味ありげな絵が描かれたカードを思い浮かべることができるほど、日本でもなじみ深い占いになっています。
大アルカナと小アルカナという2種類がありますが、一般的には大アルカナカードが使われています。
占いでは、それらカードを何枚か特別な配置で、伏せる形にして並べたのちに順にめくり、絵が描かれた面を見て、それらがあらわすものを読み解いていくといった方法で占います。
同じ絵柄のカードでも、正位置と逆位置とでカードが伝える運命が変わることもあり、数字のみの占いよりも複雑な要素が多い面があります。

タロットは、占い師との対話によっても、カードがあらわす意味への解釈が変わってくるといわれます。
その点、考え方によっては、占いというよりもカウンセリングの要素が高まると言えます。
自分が日々考えている「気持ち」というものは、自分自身でしっかり把握しているように思えて、実は言葉や文章にして表に出すまで、まったくまとまりのない流動的なものというケースが多々あります。
恋愛の場合も、長いこと大切に抱き続けている相手への気持ちは揺るぎなく、いつも変わらないものと考えていても、誰かに説明するために言葉に出してみて初めて、意外な気持ちに気が付くこともあります。
タロット占いは、占い師に向けて、占うために必要な要素を提示しなければ、正確な占い結果に導くことは難しくなります。
そういった面からも、詳細な個人情報は伏せたとしても、相性や運命などを占ってもらいたい片思いの相手への気持ちについては包み隠さず伝えることができるような、信頼のおける占い師を見つけることが先決となります。

タロットカードの面白いところは、カードのほうが人を選ぶといわれる面があることです。
占ってもらう人が、あらかじめカードの絵柄をよく知っていて、心惹かれる絵柄や特に好きな絵柄のカードがあると、その気持ちに反応してそのカードが出てくることがあるといわれます。
そう考えた場合、カードの絵柄についての詳細や、絵柄そのものをあまり知らないほうがフラットな結果が出るとも考えられます。
あるいは、不穏な意味を持つカードでなく良い結果を示すカードの絵柄をとことん好きになってから占ってもらうポジティブさも大事と言えます。

占いで私の片思いは脈なしと言われた・・・どうしたらいい?

恋愛の悩みで多いのが、片想いの恋を無事に叶えられるかどうかです。
好きな人がいると振り向いて欲しい気持ちになるものであり、両思いになることへの期待に胸を膨らませることでしょう。

ただ、片想いの状況は辛い思いをしてしまいがちです。
恋愛はお互いに思い合ってこそ成立するものであり、片方だけが一生懸命に好きでいようとも恋が成就することはありません。
時には上手くいかずに失恋をするケースも珍しくないです。

無事に成就できるかが目下の悩みということもあって、誰かに相談をして気持ちを整理したいこともあるものです。
しかしながら、近い人への相談をするのも恥ずかしかったり知られたくない思いがあったりすることでしょう。
そういった時には占いに頼ってみるのがおすすめです。

わたしも過去にある男性のことが気になりタロット占いを受けてみたことがあります。
その時は相性を知るために占ってもらったのですが、良い結果を出してもらうことができて自信に繋がりました。
自分の中でも気持ちを前向きに持つことができ、告白する勇気も絞り出すことができたため、本当に占ってもらって良かったと後になってから感じていました。

しかしながら占いは良い答えを必ずしも出してくれるとは限りません。
時には期待していたこととは違った結果を導き出されてしまい、脈なしという悲しい答えを提示されてしまうこともあるでしょう。

もしそのような結果が出てしまった時にはとても辛く、自信を失ってしまうことにもなり兼ねません。
そして占いを信じて相手のことを諦めてしまう人もいることでしょう。

ただ、占いの結果が悪かったからといって諦める必要はどこにもありません。
そもそも当たるも八卦当たらぬも八卦が前提で、当たることもあれば外れることもあるのが占いです。
未来を予知して言い当てるというものではないため、占いの結果がダメだったからといって片想いが必ずダメになるといったことはないのです。

わたしも占いを受けて嫌なことを言われてしまったこともありますので気持ちはよく分かるのですが、そんな時にはただの占いと考えて気にしないようにしています。
あくまでも可能性の問題ですから、上手くいくことも十分に考えられます。
そもそも占いが外れたという経験を持っている人も大勢いますので、気楽に考えておくのが良いと言えるでしょう。

とは言え、占いで脈なしと言われたら良い気分はせず、自信を無くしてしまうのも無理はありません。
もし良くない結果を出された時の考え方のコツもあります。

まず前向きに考えるようにすることです。
その時の占いで分かるのは、その時点での自分の運勢であり、運勢は努力次第で変えられるはずです。
その時の自分では成功率が低かったかもしれませんが、これから努力をしていけば成功率を高めていけることでしょう。
もし占いで良くない結果が導き出されなかったとしたら、運勢を変えるための努力をせず、玉砕の結果に終っていたかもしれません。
むしろ脈なしという結果を自分の原動力とし、相手に振り向いてもらえるように努力をしていきましょう。

なお、前向きに捉えることが大切ということもあり、良くない占い結果だろうと態度には出さないようにした方が良いと言えます。
どうせ脈なしだからといって、それまで好きだった相手に冷たい態度でも取ってしまうと、それこそチャンスを逃してしまう原因になります。
そしてその態度によって、占い通りの未来を自分で引き寄せてしまうことにもなり兼ねません。
納得のいかない占い結果ならば、それを跳ね返すかの如く強い気持ちでいることこそが大事ですので、前向きな気持ちで考え、好きという素直な心は大切にしておくようにしましょう。

別の占い師にも見てもらうのもひとつの手です。
一口に占い師と言ってもピンキリで、力のある人がいる一方でそうではない人もいます。
特に占い師という商売は導く答えに形がないですから、見てもらう相手によって答えが違ってくることも珍しくありません。

したがってもし納得ができない答えが出た場合も、他の占い師にも相談してみると良いでしょう。
時にはダメ押しで、さらに脈なしの烙印を押されてしまうこともあるかもしれませんが、そうではない可能性もあります。
そして良い答えをもらうことができた時には、それを信じるようにしましょう。
都合の良いことは信じて、都合の良くないことはきっぱり忘れるようにするのも占いの利用方法でもあるのです。

このように脈なしと言われてしまった時の考え方のコツもありますが、基本的には重たく考えないようにすることです。
占いは絶対ではありませんので、必ず占い結果の通りになるということはないと言えます。
わたしも良い占いの時は信じるようにしますが、悪い占いの時にはすぐに忘れるようにしています。
自分で選択することで心の持ちようも違ってくるものであり、それが占いを上手に活用するための秘訣と言えるでしょう。

片思いがうまくいかない時に占い師に相談するのも一つの手

占いは昔から人々の生活の一部として身近な存在でした。
天候の動きを見たり、人生における重要なイベント、例えば就職や恋愛・結婚などに関して未来を占っていたものです。
例えば片思いがうまくいかない場合、占い師に相談してみると良いでしょう。
何かしらのアドバイスや対応策などを教えてくれます。
自分では気付かなかったことや、相手の気持ちなどを知ることが可能です。
最近ではインターネットを利用して、さまざまな占いサイトを利用することができ、中には無料で鑑定することができるサイトがあります。
例えば自分の誕生日を入れるだけで、人生全体の運勢を知ることができたり、占いたい人の生年月日を入れることによって二人の相性を見ることができるでしょう。
恋愛成就に特化したサイトもあるので便利です。

占いにはさまざまな方法があり、大きく分けて三種類の占術があります。
「命(めい)」と呼ばれている生年月日や生まれ時間・出身地をもとに運命を占う四柱推命や西洋占星術・インド占星術などがあり、「ト(ぼく)」と呼ばれているタロットカードや易などのその時々の事象を占うことができる占術があります。
「相(そう)」は人相や手相・家相を占ったり、風水で運気をアップすることができるでしょう。
もし片思いの方との相性を占いたいなら、四柱推命や西洋占星術がおすすめです。
これらの占術は命式やホロスコープを作成し、相性を見ることができます。
さまざまな星の配列から相性はもちろん、どんな方と結婚したり、いつ出会って、いつ結婚するのかも把握することができるでしょう。
これらの占いを利用して運命のイベントを知ることができます。
四柱推命は四つの柱を使って鑑定しますが、実際は8つある干支や大運を使って見て行きます。
これらの干支にはそれぞれ意味があり、吉運や凶運を知ることができたり、イベントを予測することが可能です。
西洋占星術の場合、惑星やハウス・星座などを使って鑑定していきます。
惑星やハウスなどにはそれぞれ意味があり、いつ出会いがあったり、イベントが起こる時期を予測することができるでしょう。

タロットカードは特定の事象について鑑定することを得意としています。
大アルカナカードと小アルカナカードがあり、それぞれのカードには意味があり、正位置と逆位置によってカードの意味は違ってきます。
付き合っている方の気持ちを知りたかったり、今後の関係がどうなるのかなどを鑑定することが可能です。
例えば「世界」のカードの正位置が出るなら、付き合っている方の関係はそろそろ局面を迎えていて、結婚のような正式な話が持ち出されるようになるかもしれません。
反対に逆位置が出ると、何かしらの答えが出るようで、お付き合いしている方との関係を見直す時期に来ていると予想されるでしょう。
「隠者」のカードの正位置が出るなら、周りに誰か良き相談者がいるのでその方に相談してみたり、的確なアドバイスをもらえる暗示があります。
反対に逆位置が出ると、周囲の意見に耳を傾けていなかったり、せっかくアドバイスを聞かないでいるかもしれません。
意固地になっていることもあるので、自分の状況を再確認してみると良いでしょう。
いろいろなスプレッド、いわゆる配置法があり、相談内容に関して占い師はさまざまなアレンジを行ってくれます。
こんなことを聞いても大丈夫なのだろうかと思うようなことでも、一度聞いてみると案外答えが出るかもしれません。
易は64卦をもとに占っていきますが、それぞれの卦には意味があり、アドバイス的な鑑定を行ってくれます。
例えば彼との関係をもっと親密にするにはどうすれば良いでしょうかと聞いてみると、具体的なアドバイスを教えてくれるでしょう。
もっと積極的になりなさいだったり、反対に少し距離を置いた方が良いでしょうなど、参考になるような鑑定結果を出してくれます。

最近のインターネットには、生年月日を入力するだけで、四柱推命や西洋占星術のホロスコープを簡単に作成してくれるサイトがあったり、タロットカードや易などをボタンを押すだけで行うことができるサイトもあるので便利です。
ほとんどが無料で利用することができ、中にはテレビや雑誌などで活躍している有名鑑定師の占いサイトも利用することができます。
一部有料になっていますが、最初は無料で利用することができるので便利です。
サイトによって恋愛成就に特化したものや、天職や仕事に特化したサイトもあるので、自分の悩みや不安・相談したい内容に応じて、選択すると良いでしょう。
生きていると悩みや不安を持つのは当たり前で、皆見えない将来に心配したり、悩んだりしているものです。
そんな時占いを利用すると、目の前が明るくなったり、明日への元気をもらえるようなアドバイスを手にすることができるかもしれません。
占いを上手に利用することによって、幸せな毎日を手にすることができるでしょう。

片思いが辛い…占いで彼の気持ちが分かったりする?

「恋」にはさまざまな形がありますが、中でも多くの方が興味を持つのは「純愛」ではありません。
もちろん、「純愛」にも多くの方を惹き付ける魅力がありますが、それ以上に多くの方の興味を惹くのが「片思い」です。
始まった時点から相思相愛になることはもちろんあります。
そういった状況を方は「運命」と形容することが多いわけですが、仮に相思相愛だったとしても、恋人関係になるためにはお互いの気持ちを打ち明ける必要があります。

というよりも、そもそも「明らかに相思相愛であることが分かっている状況」というものはあまりありませんから、ほとんどの方は「自身の恋が成就するかどうかわからない」という不安の中で、自分の恋を実らせるために努力をすることになります。
その際、特に女性は「占い」によって恋愛の生末を予想しようとする方が多く居ます。
男性の中にももちろんいますが、比率的にみるとそれほど多くはありません。

毎朝、情報番組では占いが紹介されます。
各チャンネルごとに異なる占い師が出した結果を紹介しているため、基本的にはすべて結果が違います。
時折、非常に似通った結果が紹介されることもあるのですが、片方では1位の運勢だと紹介されているものが、もう一方では最下位の運勢だと紹介されることも珍しくありません。
つまり、この状況から「絶対的なものではない」ということが分かります。

そもそも「占い」とは、古来よりある未来予測の方法です。
天文学、人相学、手相学などを参考に、膨大な統計から導き出される「マジョリティー(多数派)」を提示するというのが一般的です。
未来予測とはいえ、未来予知とは違う以上、「外れることが普通」と考えた方が論理的です。
もちろん、誰にでも当てはまりそうなことを言っておけば「当たった」という印象を与えられることも多いので、「当たる占い」と評価されることになります。

女性に人気の占いとしては、「タロット占い」「姓名判断」などがあります。
要は、恋愛に関する占いなので「相性占い」ができれば良いわけなので、それこそ「運」によって導き出されるものであれば「サイコロを振る」というものでも良いわけです。
相手とどういった関係になっていくのかは誰にも分かるはずもなく、結局は自分の行動(選択)次第です。

スマートフォンアプリなどでも無料で利用できる占いアプリは非常に人気です。
自身の生年月日を登録しておくと、毎日の運勢占いの結果が通知されるため、テレビ番組の占いを見なくともその日の運勢を知ることができます。
また、他の占いの結果も含めて把握し、「一番良い結果を参考にする」という方法もできます。

本来、いくつもの占いを見る行為は本末転倒なのですが、「そもそも占いに絶対的な効果はない」ので納得できる結果が出るまで何度も繰り返しても問題はありません。
初詣などで引くことが多い「おみくじ」は、気に入った結果が出るまで何度も引き直しても良いとされています。

大切なことは結果ではなく、目的に向かって行動する意欲を持つことにあります。
気に入らない結果が出てしまったことで滅入ってしまい、それが原因で悪い結果になってしまったとしてもそれは本人の責任でしかないのですが、気に入った結果が出たと思い込むことによってモチベーションが高まり、精力的に行動することができた結果として思い描いた物が手に入れられる可能性が高まるのであれば、それこそが占いの目的といえます。

片思い中に占いを利用して生末を占うこと自体は何ら問題はありませんが、仮に悪い結果が出たからといって「上手くいかない」というわけではありません。
これは、どれほど人気のある占い師だろうと同じ事であり、「統計的に該当する可能性が高いかどうかの違い」という程度です。

占いの結果、「上手くいく」といわれた場合はモチベーションが高まり、積極的に相手へアプローチしやすくなる可能性があります。
すると、その行動が功を奏して良い結果(恋愛成就)を得られる可能性が出てくるわけですが、どれほど積極的に行動したところで成就しない可能性もあります。

逆に、「上手くいかない」といわれてしまった場合に意気消沈してしまうと、それが原因で積極的なアプローチができなくなってしまい兼ねません。
すると、本来は成功していた可能性がある状況だった場合だったとしても、チャンスを逃してしまうことがあります。
しかし、反骨精神をもって取り組んでいくことによって、成功の可能性が低い恋愛を見事に成就させることもあり得ます。

もし、占いによって相手の気持ちがはっきりと分かってしまった場合、「恋愛の面白さ」がなくなってしまい兼ねません。
「結果がどうなるかわからない」からこそ多くの方が興味を持つわけで、これが分かり切った結果にしかならないとなれば誰も興味を持つことがなくなってしまいます。
要するに、「むしろわからない方が良い」ということです。

片思いをしている女性が占いにハマるわけ

占い結果というのは100%ではなく非常に不確かなものです。
運勢を占ってもらったからと言ってその通りに人生を歩むことになるわけではありませんし、占い師によっても結果は異なります。
それでも求めている人は数多く存在し、特に男性よりも女性がハマりやすい傾向にあります。
なぜ女性は占いにハマってしまうのか、女性の中でも特に片思い中の女性に焦点をあげて説明していきます。

・悩みを相談したい

女性はとにかくおしゃべりが好きです。
男女間の会話でよく男性が「女性の会話はオチがない」と言いますが、女性はオチのある話をすることに重要性を感じておらず、なんでもいいから話すことでコミュニケーションをとりたいと思っているのです。
しかし人によっては話相手がいない、悩みを聞いてくれる人がいないという悩める女性たちも多いのです。
そんな女性たちがつい頼ってしまうのが占いです。
占い師にとっては女性の話というのは鑑定するためのヒアリングなのでしっかりと話を聞いてくれます。
話したい女性と話を聞かせてほしい占い師の需要と供給が成り立っているからこそ女性は占いを必要とするのです。

・相手との相性を知りたい

相性がいいからと言ってうまくいくとは限りませんし、悪いからと言ってうまく行かないとは限りません。
とはいえ相性がいいとモチベーションがあがりますし、頑張って仲を進展させようというやる気につながります。
これが恋愛を成功させるきっかけにもなります。

・相手の気持ちを知りたい

恋愛をしている人であれば誰もが相手の気持ちを知りたいと思うものです。
恋愛の難しさというのは相手の気持ちが分からないということにあります。
自分は好意を持っているけれど向こうは自分のことを嫌っているかもしれない。
もしかしたら自分と同じように向こうも自分に好意を寄せてくれているかもしれない。
これを知ることで振る舞い方が変わりますので効率よく男性との距離を縮めることができるのです。
人から教えてもらったり、普段の様子をしっかり観察して見極めるという方法もありますが、片思い中の女性は安心感を得るためにも占いによって気持ちを知ろうとします。

・告白する方法やタイミングを知りたい

たとえ両思いになれなくても自分の気持ちを伝えたいという人もいれば、両思いになるためにも自分から積極的にアクションを起こそうと告白をする人など、目指しているところが人それぞれ違います。
自分の告白の目的からどのタイミングで思いを告げるのが最適なのかという答えを求めて女性は占いをチェックします。
恋愛運がいいとき、占い師から「今がいいよ」と言われればその時にと告白をするための後押しを求めているのです。

・結婚ができるかどうかの不安を解消するため

片思い中の女性は彼氏ができるかどうかという不安はもちろんのこと、将来的に結婚ができるかどうかという不安も抱いています。
たとえ現時点で彼氏がいなかったとしても将来結婚ができる運勢にあるのであれば「これからきっと素敵な出会いが待っている」とポジティブになることができますし、片思い中であれば今意中にある男性がその相手なのかという答えも知りたいところです。
将来に対して不安を抱いている人は多いのですが、男性よりも女性の方がその傾向が強いものです。
それは出産を経験するなどのことも考えるとあまり悠長にかまえていられないからだと考えられています。
だからこそある程度の年齢になると焦りを感じるようになるのです。

占いと一言に言っても様々な種類があります。
雑誌や新聞など、ちょっとした部分に誕生日や星座などをもとに結果を導き出した占い結果が掲載されているものであれば誰でも気軽にチェックすることができますし、占い師のもとに訪れて本格的な占い結果を出してもらうこともできます。
そこでは誕生日だけではなく名前や悩みの内容なども関係してくるので、一種のお悩み相談のような状態になるでしょう。
お金がかかりますが詳しく知りたいのであれば試しに行ってみるというのもおすすめです。

ただ注意しなければならないのが占いの結果を受け入れすぎてそれを中心にした人生を送ってはならないということです。
1つでもあてはまることを言われると「この占いはあたる」と思われるようになり、言われるがままの人生を歩むようになります。
それから自分で判断し決断をするということができなくなってきますし、中には強い不安から占い師なしでは生きていけないという状態にまでなってしまう人も稀にいます。
それを利用した詐欺も実際に起こっているのですが、被害にあっているのはやはり女性が多いのです。
今後の指針の参考として占いを見たり聞いたりするのは良いのですが、それがすべてになってはならないということです。
特に片思い中の女性は様々な不安から占いの力を頼りたくなってしまう傾向にあるので、ハマったとしてもハマりすぎには注意をするようにしましょう。

最新の記事 »