片思い占いコラム

片思いの人にどう思われてるか知りたい・・・そんな占いある?

特に女性は、「告白をするかどうか」「好きになっても良いのかどうか」「交際しても良いのかどうか」といったことを「占い」に頼ることが多くあります。
もちろん男性の中にもそういった感覚を持っている人はたくさんいますが、女性ほど強くその傾向が現れることは稀です。
男性が占いを信じづらい要因には、「根拠に乏しい」という点が大きく関係しています。

片思い中の相手が自分のことをどのように思っているのか、もし仮に告白した場合にどのような結果になるのかと言うことを知りたくて占いを利用し、そこで得た助言を参考にしてその後の行動を決めることは珍しくありません。

ただし、確実に片思い中の相手からどのように思われているのかを把握する占いというものはありません。
当たり前ですが、占いはあくまでも「未来についてのアドバイス」をするものに過ぎず、明確に将来を予想するものではないからです。
もし、将来どのようなことが起こるのかを確実に予測することができるのであれば、さまざまなメディアや国際機関によって調査が行われます。

それほどまでに「未来予測」に対する人類の関心は強く、その能力を有している逸材を求めているというわけです。
どのような手段であれ、確実な未来予測ができる能力を手に入れることができれば、その組織(企業、国、個人など)は未来永劫の繁栄が約束されたも同然です。
それほどまでに価値のある「予知能力」ですから、仮に存在していた場合には大きな話題をさらうことになります。

ただし、それはあくまでも「アンダーグラウンドで確保されていない場合」の話です。
どれだけ価値のある能力を持っている方がいたとしても、アンダーグラウンドな世界ではその存在が公にされる可能性は極めて低くなってしまいます。
もし、そういった能力を持っている方がいた場合、ほぼ確実に組織が身柄を確保して研究の対象となり、命がある間は組織のための労働を強要されることになります。

つまり、現実的に予知能力を持っている可能性はほとんどないわけなので、占いで具体的な状況や結果が確定することはまずありえないということです。
もし、ピンポイントで的中させてくる占い師がいた場合、生涯の選択肢をその占い師に頼って選択するという決断をするだけの価値があります。
しかし、現実的にそれはあり得ませんから、あくまでも「助言(アドバイス)」として活用することになります。

そもそも、片思い中の方からどのように思われているのかは「核心」です。
これが分かってしまった場合、告白するべきかどうかを判断する基準が大きく変わってしまいます。
世の中にはさまざまな恋愛観を持っている人がいますが、「失敗してしまうことが確定しているから告白をしない」という選択を何のストレスもなく選択できる人はあまりいません。
もちろん、人によっては可能な場合もありますが、多くは「それでも気持ちを諦められない」となるのが普通です。

それほどまでに恋焦がれるからこそ「恋愛は面白い」といわれるわけであって、意図的に好きになることができて、意図的に嫌いになることもできるのであれば、これほどまでに恋愛に関する分野が注目される所以がありません。
「恋愛診断」「占い」「おまじない」「お守り」といったものを駆使して、それでもなお確実性に欠けるからこそ「神頼み」をするわけで、これこそが恋愛の醍醐味といえます。

相手からどのように思われているのかを気にすることは仕方がないにしても、それ以上に「どのような方法で相手からの興味を惹くのか」を考えた方が明らかに建設的です。
何の根拠もなく「誕生日の相性が悪いから」「タロット占いで良い結果が出なかったから」と悩んでいるだけでは、本当に欲しいものを手に入れるためには不十分です。

状況にもよりますが、仮に思いを寄せている方と結婚をも考えているのであれば、「何が何でも手に入れる」というような意気込みが必要です。
結果的に願いが叶わなかったとしても、そこに向かって努力をした時間や経験はけっして無駄にはなりません。
次回以降の恋愛に対して効果的に生かすことができるものである以上、逆に考えると「少しでも早く経験した方が良い」ということになります。

特に女性は、「背中を押してもらいたい」という感情を抱く機会が男性に比べて多いため、さまざまな占いやおまじないの類に興味を持ちます。
ただ、それはあくまでも「きっかけを作るため」に過ぎず、本心ではまったく別のものを見据えていることも少なくありません。

そもそも、「名前」だけで相性が決定してしまうのであれば、世の中のカップルや夫婦はとんでもない確率によって結ばれたことになってしまうため、お互いの価値観や関係性がまるで変わってしまいます。
どこにでもいる相手とまではいかないまでも、それほど稀有な存在でなければ結婚することができないわけではないということをよく理解し、「チャンスを逃さない」というスタンスを意識することが大切です。

占いで片思いの相手と付き合う可能性を知りたい!

占いで片思いの相手と付き合う可能性の、そのものズバリを知ることは、片思いの相手と自分との現時点での関係性やお互いの立場や状況によって難しい場合があります。
とは言え、とても仲のいい友人同士であれば、なにかのきっかけでその距離が一気に縮まることもありますので、そういった展開にするにはどうしたらいいのか、告白する時期はいつごろがいいのかといったヒント得るために占いに頼るという考え方もあります。
占いによって片思いの相手と付き合う可能性を知るというよりも「占うことで、片思いから両思いに進化させる可能性を高める」という考え方で占ってもらい、結果に向き合います。
占いの結果に左右されるというよりも、占いの結果を生かして、現実のほうを左右するくらいの気持ちで臨んでこそ、恋愛成就やそれによってもたらされる運命に、占いを生かすことができます。

片思いの相手と晴れて恋人同士になれるかどうか、それがわからないからこそ、あれこれ想像を巡らせてドキドキする毎日を過ごし、その切ない思いを抱く期間こそが恋の醍醐味とも言えますが、片思いの彼の周囲にライバルとおぼしき女性がいた場合、心穏やかではいられません。そういった場合の占いは特に、両思いになれる日をのんびり占うのではなく、片思いの相手と恋人同士になるための具体的な方法を知るために占い結果を生かすくらいの気持ちでいるほうが、占い結果も良いものになると考えられます。
できるだけフラットな気持ちでいたほうが正確な占い結果が出やすいという考え方もありますが、恋愛を成就させるのは、それを強く望む自分自身であることをしっかり見据えることが運命を好転させる大切なポイントです。

片思いの相手と、この先うまく行くかどうかを考えるにあたって、多くの人が占うのが相性診断です。
今はインターネット上に無料の占いサイトが数多くあり、シンプルなものでは、お互いの生年月日を専用フォームに打ち込んで相性やこの先の運命を占う誕生日占いや、お互いの名前の画数などから占う姓名判断、タロットによる占いもあります。
占い好きの人であれば、評判のいいサイトでの占いは既に一通り行っていて当たり前といった感もありますが、占い結果に一喜一憂する前に、今一度「相性」というものについて考えてみるのも、占いの結果を生かして、この先の現実の運命を紡いでいく上で、非常に大事なことと言えます。

相性診断は、いろいろな占いサイトで、占い方の種類を変えて試した人であれば、同じ人との相性を占っても占いの方法やサイトによって導き出された結果が、少なからず違っていることに気づいているはずです。
すべての結果が不思議と似通っていると感じるケースもありますが、細部まで同じと言うことはまず考えられません。
結果が似ていると感じる場合は、出た結果の文章を読み取る自分の思考のクセのようなものが、解釈に影響を及ぼしている面があります。
人間の脳は、本人が自覚する以上に「見たいものしか見ない」という面があり、心のどこかに「こうあって欲しい」という願いが強くあると、占いの結果などもその願望に沿った解釈を行うようになります。
それがポジティブなほうの解釈であれば、むしろ申し分ないのですが、ネガティブなほうに引っ張られてしまう危険性もはらんでいます。
その点では、自分にネガティブな思考のクセがあると自覚している人は、できるだけポジティブな内容が書かれた占いの結果のほうを選択して、その占いこそが「自分にとって相性の良い占い」と決めておくほうが、占い結果をこの先のより良い運命に生かすことができるようになります。

片思いを両思いにするには、何度も占いを繰り返すばかりではなく、結果を真摯に受け止めて分析して、よくない結果として出た要素があった場合、自分ができる範囲で改善できるものは改善していくといった努力も必要になります。
片思いに終止符を打つにあたっては、相手に思いの丈を伝える告白を実行に移すことが一番ですが、打った終止符が良いほうに出るか悪いほうに出るかが怖いからこそ、長期にわたる片思いを抱くことになります。
クラスメートやサークル仲間、職場やバイト先の先輩後輩など、ふだんいい感じの友人関係という場合、その関係性を良くも悪くも激変させてしまうだけに、距離が近しいほど告白が難しいのが実情です。
ただ、ライバルとおぼしき存在が身近にいる場合は要注意で、ストイックな片思いが裏目に出て、ライバルのほうが先に告白するなど、先を越されてしまう可能性もあります。
占いによる相性診断は、憧れの人と晴れて恋人同士になってから、占い結果よりも意外に相性が良かったり、思わぬところで相性が合わなかったりといった違いに一喜一憂するためのもので、せっかく相性バツグンという診断結果が出ていても、ライバルに先を越されて、片思いの彼が自分以外の人とカップルになってしまっては元も子もありません。
好きな人との相性には、自分のほうから合わせていくという気合いを持って憧れの人を見守り、ここぞというタイミングを逃さず告白してこそ、運命を切り拓くことができます。

片思いの彼に会えない・・・そんな時に占いに頼るのはダメ?

片思いの彼に会えないというのは切ないものです。
両思いカップルであれば、たとえ遠距離恋愛でも会いたい時に連絡して少しでも早く会えるよう行動開始できますが、片思いの場合は会いたいと願うばかりで、自然に会える機会が巡ってくるまでひたすら待つしかない切なさがあります。
学生の場合、休み期間も定期的に学校に集まる同じ部活でもやっていない限り、夏休みなどは長期間会えないということになります。
そんな時は、休み明けに進展とまでは行かないまでも、片思いの相手との関係に少しでも良い変化が訪れるよう、何らかの準備をしておきたいものです。
準備といっても、何かのタイミングでさりげなく渡せるようなちょっとしたプレゼントを用意するなど物理的な準備もありますが、何よりも、これまで自分の心の中に大切に培ってきた募る思いをいったんきちんと見直すことが、意外に大事なステップとなります。
彼への片思いをハッピーな両思いに変えるには具体的にどうしたらいいのか、それ以前に、自分は彼とどういう感じのお付き合いをして行きたいのかという自分自身の気持ちをしっかり見据えて、その上で、本当にその人と自分が思い描くようなカップルになれるのかどうかを検証してみることが、告白のタイミングを図るうえでも重要になってきます。

彼への告白が成功して、晴れて両思いになって以降は恋人同士としてお付き合いすることになるわけですが、学生時代はともかく、結婚適齢期に差し掛かっている場合は、恋人となった彼との結婚ということについても、一気に現実化してきます。
この先ずっと生活を共にする結婚相手の場合、お互いに相性がいいかどうかが、切実に知りたくなります。
片思いの相手が、ふだん一緒に仕事をしている会社の同僚や先輩、同じクラスや同じサークル仲間だったりすれば、ある程度は性格の合う合わないは想像がつきますが、相性というのは、二人っきりになった時に意外な場面で際立ってくる類のものでもあり、とことん相性が合わない場合は、せっかく付き合い始めても長続きしないのではという心配も出て来てしまいます。

そういった片思いの相手との相性や、この先の彼と自分との運命を占いで知ろうと考えるのはごく自然なことで、占いでそういったことを知りたいという以上に、自分の気持ちを見つめ直す絶好の機会となります。
片思いの相手と自分との生年月日の数字から、数秘術という古来からの特殊な計算式によって数字を割り出して占っていく誕生日占いによる相性占いであれば、インターネット上で無料で試せるサイトなどもあり、シンプルですぐにわかる方法となっています。
サッと知るには最適の占いですが、タロットカードによる占いのように、自分の思いやカードの解釈によって結果に複雑な幅が出て来る占いによって、恋愛や結婚についての思索をさらに深める機会にするという手もあります。

タロット占いも、今やインターネット上で占うことができる便利な世の中ですが、本来は占い師と対面して行われることから、占ってもらうほうもタロットカードをシャッフルするなど、自らも占いそのものに積極的にかかわるといったムードがあります。
何よりも、占い師に自分の思いや、片思いの彼とどうなりたいのかといった詳しい情報を伝えることで、出て来たカードの解釈の精度を自らが上げていくといった姿勢が必要になります。
その過程で、これまでは言葉にしたことがなく、自分の心の中だけで漠然としていた気持ちなどが形になって、自分でも気がつかなかった心の深層に気づくこともあります。
リアルでのタロット占いなど対面で行われる占いは、カウンセリングやセラピーの雰囲気が濃厚といわれるのはまさにその辺りで、本来のカウンセリングでも大切な、話すことで自分の状況が客観視できるようになり、冷静に把握することができるようになるというメリットが、占いにも備わっています。

片思いの彼に会えないという切ない気持ちから占いに頼ろうとするのは、むしろ前向きで理に適っている行動ということもできますので、占ってもらうのに大金が必要といったリスキーなものでない限り、一度きちんと占ってみるのは、片思いを恋愛に進化させるための重要な戦略会議になるとも言えます。
勢いで告白するというハプニング的なきっかけも恋愛の楽しみではありますが、末永いお付き合いやその先の結婚を考えている場合は、相手との相性やこの先の運命などを多少なりとも把握して、その上で納得して両思いになるための具体策を練るというほうが、告白によってどういう結果が導かれても、自分自身の気持ちに納得して受け入れることができます。
何より、占ってもらうこと自体、結果を想像してハラハラドキドキする瞬間や、良い結果が出た時の喜びが得られるという、心へのサプリメント的な面もあります。
たとえイマイチな占い結果が出た時にも、大抵の占いが「ダメだからやめた方がいい」というのではなく、効果がありそうな対策方法が提示されますので、それを役立てていくこともできます。
自分を見つめ直す最高の機会という以上に、得られることも多いのが占いのいいところです。

占いで片思いが叶うことなんてあるの?

占いによって片思いが叶うことは、決して珍しくありません。
片思いは、自分が相手に惚れているという状況から始まるので、他のパターンよりも意識して冷静になる必要があります。
片思いによって先入観を持ってしまい、暴走した挙句にまだ可能性がある恋愛を自ら壊すケースを防ぐためにも、占いによって2人の相性を確認してみましょう。

プロの占い師は様々な恋愛を知っているので、仮にそれが社会的には手を出してはいけない人だったとしても、頭ごなしに否定することをせず、きちんと話を聞きます。
占い師は依頼主の悩みを少しでも解決できる方向へ導くのが仕事だから、プロとして業務上で知り得た個人情報を外部に漏らさず、その時間は依頼主のためだけに占うのです。

インターネット上の色々な占い関連のWEBサイトに掲載されている恋愛心理テストは、現在の自分の気持ちを確かめる方法として有効です。
生年月日や名前だけで相性チェックができるサイトであれば、学校のクラスメイト、職場の同僚ぐらいの関係であっても、すぐに占ってもらえます。
オンラインの無料の占いでは簡単な結果しか分かりませんが、プロの占い師から具体的なアドバイスがもらえる有料版や、電話を通して占ってもらえる会員制のサイトもあるので、一度利用してみましょう。

自分だけで悩んでしまう片思いは、相手を好きすぎて困ってしまうケースが多く、占いで今のあなたはこうであると言ってもらうだけでも大きな効果があります。
他人の心を知りたい欲求は昔からあり、恋愛が上手くいく可能性を探るために名前などの自分だけの情報によってお互いの気持ちを調べる方法は、説得力がある占術として人気です。
占いをするために必要な情報が少なくて済むので、オンラインの簡易的な占いとして多用されており、生年月日などの一部の情報だけで結果が出る仕組みとなっています。

姓名判断が片思いで人気が高いのは、自分と相手の両方を占ってもらえるからです。
あまり親しくない間柄では、せいぜい名前ぐらいしか分からないため、ほぼ唯一の情報を活用できる姓名判断に助けを求める方が大勢います。
相手の気持ちが不明であるのが一番の問題点だから、経験豊富な占い師に占ってもらい、神秘的な考え方に基づいた助言によって熟考してみるのが吉です。

恋愛心理テストは一般的な考えによって返答を作成しているので、プロの占い師に対面して占ってもらう方法よりも限定された内容となります。
占い師は基本的に自分が得意とする系統を決めており、それを補強できる占術を組み合わせています。
そのため、同じ姓名判断でも、生年月日などの情報をヒアリングして、より細かい占い結果を出せるのです。
所謂スピリチュアルなオーラ占いや、タロットカード等のツールを使用する占いもあるので、恋愛心理テストだけでは物足りない方はさっそくプロの占い師がいる場所を探してみましょう。

占いによる相性の確認は、自分の気持ちを見直してみる良いきっかけです。
秘密を守ってくれる占い師に相談すれば、自分の片思いを他者に知られることなく、本当の自分の気持ちと、相手について客観的に考えられます。
可能性があると占いによって分かれば、それだけでも安心できて、余裕を持った行動に変えられるのです。
不思議なもので、余裕があった方が何事も上手くいきやすく、実際の恋愛における成功する可能性を高められます。

片思いは周囲に知られないことが大切で、相談はインターネットの掲示板において匿名で意見を言うぐらいが関の山ですが、占いというフィールドであれば話が別です。
悩みを聞いて、定められた手順によって占い、その悩みを解決するためのアドバイスを行うのが生業の占い師は、他に誰もいない個室や、電話によって対応してくれます。
相場としては1分100円ぐらいであり、コースとしては30分前後が最も短く、短時間であるほど質問できる内容が少なくなります。

悩んでいる方の助けとなってきた実績があるからこそ、占いは長年にわたって支持されてきました。
必ずしも依頼主の意向に沿う占い結果になるとは限りませんが、その場合でも日常生活とは違う雰囲気ゆえ、素直に聞けます。
大物とされている方もよく占いを利用しているのは、他者に悩みを知られずに、それでいて恋愛などの自分でも決めかねている項目について有効な助言を得られるからです。

片思いは最終的には両思いか失恋のどちらかに収束しますが、だからといって結論を急ぐ必要はありません。
自分の思いが報われなくても、相手が幸せになれば十分というのも立派な考え方です。
好きになるのは素晴らしいことで、周囲をしっかり見ながら立ち回れば、結果的に片思いから両思いになる可能性を残せます。
もちろん、片思いに終止符を打つために告白をするのも英断であり、その相談先として占いは効果的です。
占いで片思いが叶った方は、占い師とのやり取りで自分の気持ちを確認するのと同時に、占いの結果によって自信を持てたからであり、現在でも占い師は多くの方を勇気づけています。

私の片思い実るか否か…これを占いに委ねるのはあり?

片思いの相手との行方を占いに頼ると言うことは、よくある「姓名や生年月日で相性を占う」といった方法で行うことが多いです。
姓名判断として互いのマッチング度合いをみたり、誕生日だけで男女の関係性の良さが決まってしまうのであれば、世の中にいるカップルまたは夫婦は「非常に稀有な存在」ということになります。
占いによって「相性が良い」と判断される方がどの程度の割合で現れるのかにもよりますが、本当に大切なことは「自分の気持ち」です。

よく言われる言葉として、「恋(恋愛)は偶然、愛(結婚)は必然」という風に表現されますが、これは心理学の観点から見ても非常に的を射ているものです。
なぜなら、「好きになる」ということには突発性がありますが、「付き合う、結婚する」といったことには突発性はないからです。
もっとも、厳密に行ってしまえば人を好きになること自体も必然なのですが、世の中の理想としては「運命」としておいた方が何かと便利です。

自身の恋愛が成就するのかどうかを「占いに託す」という方は意外なほどたくさんいます。
本来、自分自身で判断するべきことであることは十分に理解できているうえで「誰かに任せる」という選択をする理由は、ひとえに「自分自身の責任として背負いたくない」という深層心理が関係しています。

たとえば、好きになった方が自分のことをどのように思っているのかが分からない状況では、「告白してフラれることが怖い」といった理由から躊躇することが増えます。
もちろん、こういった感情は何ら珍しいものではなく、多くの人が「もしもフラれてしまった」という可能性を危惧して告白をためらうことがあります。
それもそのはず、自分が好意を寄せている相手と「付き合いたい」と思うのは当然で、告白して失敗した場合にはその可能性が亡くなってしまうからです。

もちろん、実際にどのような状況になったとしても可能性がなくなってしまうことはないのですが、この時点では「失敗したくない」という考えが優先されてしまっても何ら不思議はありません。
むしろ、失敗することに対して抵抗を感じるのはごく普通の感覚であり、その感覚を持たずに成功し続けられる人はほとんどいません。

片思いの状態は、いわば「勝手に好意を寄せている状態」に過ぎません。
相手からしてみれば、どのように思われているのかが分からない状態であり、この状態では状況が変化することはまずありません。
もしも、相手も同じような気持ちを持っている場合には「印象が高まる」といった変化が起こることはありますが、仮にそういう状況だったとしても「お互いに気付くことができない状態」なので、どういう状況なのかは不明のままです。

どちらか一方、もしくは双方が自分の気持ちを相手に伝えることにより、初めて状況の進展が望めます。
「好き」という言葉を発することによって相手に気持ちが伝わり、その思いを受けてどういった対応をするのかを考える機会が生まれます。
たとえば、両想いの状態でどちらかがきっかけを作って告白した場合には、非常に高い確率で成功してカップルになることができます。
しかし、片思いの場合はフラれてしまう可能性も十分に考えられます。

相思相愛だったとして、それがお互いに認識できてる状態であればなんの問題もありません。
後は、どちらが先にきっかけを作るのかだけが問題になるだけで、場合によっては一切告白することなく交際が始まることもあります。
ただし、片方が思いを寄せている状態に関しては、その思いを伝える作業が必須になります。

必ずしも「告白」という体をとる必要はありませんが、対象に対して「好きだ」という気持ちを伝えることがスタートラインです。
もし、告白する勇気が持てないということであれば、友人などを介して「好意を持っている」という事実を伝えてもらうだけでも発展の可能性があります。
兎にも角にも、お互いもしくはどちらかがどのような感情を抱いているのかがはっきりすることが重要です。

「失敗するかもしれない」という状況であれば、多くが「失敗したくない」という感情を持ちます。
これは当然の感情といえますが、中には「当たって砕けろ」と割り切ってしまうことができる方もいます。
そして、恋愛が成功しやすい人の多くはこういったタイプです。

玉砕覚悟の特攻隊にならなければいけないということではないものの、自分の思いを伝えなければ何の進展も望めない以上、どこかのタイミングで気持ちを打ち明ける必要があります。
もし、「遠くから眺めているだけで良い」と思うならば話は別ですが、交際することを望む場合には「告白する」という行動に向けてモチベーションを高めていく必要があります。

どのような方法でモチベーションを高めるのかは人それぞれですが、その手段として「占い」の力を借りるという方法はもちろん有効です。
ただ、「占いの結果で行動を決める」と考えるのではなく、あくまでも「アドバイス」として捉えることが大切です。

占いで片思いの彼との相性が悪いと…どうしたらいい?

占いで片思いの彼との相性が悪いと言われた場合、即座に「じゃあ、片思いをやめるか」と考え、ほかの相手を好きになるという切り替えができる女性もしくは男性は、おそらくいないはずです。
たとえよく当たる占いという評判を得ている占いで出た結果であっても、相性が悪いと言われてすぐにやめることができる片思いは、恋とは呼べないはずです。
一緒にいたら命の危険があるほどの最悪の相性とまで言われ、それを全面的に信じたとしても、「その最悪の相性を変えるにはどうしたらいいのか」というふうに、動揺しつつも方法を探ろうと考えるのが、恋に落ちた女性もしくは男性の切なる思いと言えます。
悪あがきするほど好きだからこそ、片思いの相手への一途な恋心を続けているとも言えます。

恋愛や結婚では、まず相性を気にする人が多いですが、相性という考え方そのものが「なんとなく合う合わない」といったあいまいな感覚という点をしっかり認識しておいたほうが良い面があります。
そうでなくては、恋愛成就の助けにするために占いを頼ったのに、占いの結果に恋愛成就を妨げられるという、かなり本末転倒なことになってしまいかねません。
良い占いというは、タロット占いや星占いなどの種類にかかわらず、決して運命を宣告する「予言」ではなく、占いの結果を切実に求める人により良い道しるべを示して、未来を明るく照らすともし火のような言葉であり、心を温め勇気を与えるためにこそあるものです。
特にタロット占いは、本来は占い師と対面した上で、占ってもらいたい人自身もカードに触れ、シャッフルなどもしながら占い師に自分の気持ちや相手の情報などを伝えます。
その上で占ってもらって結果を聞いたり、先々の展望や打開策などを教えてもらうことになりますので、占いという以上にカウンセリングとしての役割を果たしている面が強いという印象があります。
片思いの彼と自分との相性が悪いというカードのお告げが出てしまったら、どうすればよいのかを示してくれるカードもあり、その解釈は、同じカードであっても占いの結果を求める相手によって、カードがもたらす暗示の意味合いが変わってくるものです。

何ごとにも良い面と悪い面があるように、タロットカードに描かれた絵の意味も多面的な意味を秘めていて、正位置や逆位置による暗示の違いにとどまらず、解釈の幅は相当に広いものがあります。
災難や崩壊を示す「塔」のカードのように、正位置・逆位置ともに宜しくない解釈のものもありますが、大抵は同じカードでも正反対の解釈が可能になっており、気持ちの持ちかた一つで、道を切り開いて行ける手助けとなるような結果が示せるようになっています。
相性で言えば、占いによって恋愛の行方を左右しようとまで考えている場合、片思いの彼との相性以前に、その占いとの相性が良いかどうかの見極めも大切で、占い師との相性の良さも重要なものとなります。
タロットカードの場合は、カードが相手を好むか否かという面もあるとのことで、占い結果を求める人が特定のカードの絵柄を好んでいる場合など、その気持ちをカードが察してあらわれることがあるとも言われます。
ハリウッド映画の一場面的カッコよさがあるからと「塔」のカードを好きになり、塔からも好かれないよう、気を付けたいものです。

恋愛を占ってもらいたい場合、出るとうれしい「恋人」のカードも甘い恋の成就を示す場合と、その場限りの恋などという嬉しくない解釈もあり、無邪気に喜べない面もあります。
その場合、恋の成就や相性の良し悪し以前に、片思いの彼とどういう関係を築きたいのかまで見据えておく必要があります。
適齢期であれば、ズバリ結婚したいのかどうかまでキッチリ考えておいたほうが、本当の相性について深く考えることにもつながります。
結婚の場合、お互いの相性は、当初さほど良くないほうが、うまく行くケースが多いといったことが時おり聞かれます。
双方、相性があまり良くないと意識しているほうが、相手にとっての良し悪しをその都度気遣うようになり、最初のうちは衝突があっても、徐々に調和がもたらされるといわれます。

相性ということ自体が、四柱推命の根幹となっている陰陽五行の考え方から由来していますので、組み合わせの良し悪しで結果を論じるぶん、もともと解釈が非常に難しいものです。
火と木は木が燃えて火が強くなるから良い面もありますが、燃えてしまう木にしたら一大事とも言えますし、火と水は水が蒸発して火も弱まるとされますが、日常生活を送る上では火で水を沸かせばお湯になって、美味しいお茶が淹れられますし、カップ麺を作ることもできます。相性という考え方も、要は使いようということで、占いで相性が良くないと言われた場合「何が起こるかわからない面白味のある組み合わせ」と考えておくほうが、片思いを両思いに導くための良い占い結果となります。
そういった「都合のいい解釈」こそ、占いの結果を恋愛により良く役立てる秘訣と言えます。

片思いの彼と結婚できる可能性を占いで知りたい…でも不安

片思いの彼と結婚できる可能性は、単に両思いになって恋愛模様を楽しむという以上の重みがあり、恋の行く末を占う場合は、お互いの運命そのものを占うということになります。
そこまでの重大事を占うのであれば、インターネット上にたくさんある無料の占いサイトで出た結果に右往左往するのではなく、あらゆる占い結果をすべて二人のいい結果に結び付けていくといった気概が必要になります。
片思いの彼との結婚まで考えている場合、まったく脈がない相手というより、職場で気が合う同僚や先輩後輩、趣味のサークルでの友人同士など、ある程度、お互い好ましく思っている雰囲気が漂っているというケースが多いと考えられます。
そのいい関係を壊したくないばかりに、お互いが様子見状態になって、なかなか恋愛関係にまで発展しないということも多く、片思いの彼と結婚できる可能性を占いたいほど気持ちが高まっている時期こそ機が熟しているとも考えられ、関係をいいほうに変化させるチャンス到来と言えます。

職場や趣味の会などで顔を合わせる機会が多くあり、お互い恋愛感情を抱いていたとしても、結婚を考える時期だからこそ、迂闊に告白できないと双方が考えているケースもありますが、シングルのままでいると決めている人も多い昨今、片思いの人がそういうタイプだった場合、まずは、その人の意識改革が可能かどうかを探る必要があります。
片思いの彼が恋愛にあまり興味がなかったり、結婚という制度で縛られたり、家庭を持って趣味などに自由にお金が使えなくなるのがいやだという本音が見え隠れしている場合、恋人同士にまではなれても、結婚に至るまでには相当高いハードルが待っていることになります。
そういった場合は、占いで相性診断を行うより前に、現実的に、片思いの相手と結婚して幸せな家庭を築くことができそうかどうかという、本音の見極めが先決となります。
晴れて両思いとなって念願通り結婚できたとしても、お互いが心を一つにしていい感じの家庭生活を送って行くことができなければ、せっかくのカップル成立が裏目に出てしまいかねません。
この先、そういった運命に恵まれるかどうかを知るには、占いというよりも、お互いの相性の良さをはっきりと鑑定したり、それによって対策を練るくらいの、質が高く濃い占いが必要と言えます。

結婚生活を大過なく幸せに送って行けるかどうかは、お互いの相性にもあると言えますが、よく耳目にするのが、最初は相性バツグンでないカップルのほうが、長い目で見た場合うまく行くようになることが多いといった話です。
お互いがなんとなく合わないと感じているところがあるほうが、その部分を双方が何かにつけて気遣うことで、より相手のことを深く知ろうとする機会にもなり、結果、理解度が徐々に深まって行き、絆も強まるといった流れです。
最初はギクシャクすることがあっても、長い時を経て、お互いのでこぼこしたところがだんだん磨かれて丸くなり、文字通りの夫婦円満になるといいます。
双方、最初から相性がいいと意識し過ぎていると、意外に合わないところが見つかった場合、深刻なケンカになりやすいとも言われます。
占いによる相性診断や姓名鑑定は、その結果に一喜一憂して振り回されるのではなく、万が一、今一つの結果が出たとしてもその診断結果を熟読して、今後どう生かして、現実の良い結果に導いて行けるかを考えるためのものと言えます。
占いは決して幸せを阻むものではなく、現状をさらに幸せな状態に導くためのツールであるはずです。
振り回されるのではなく、積極的に活用するという気構えで、占いの結果に向き合うことが大事なポイントです。

片思いの相手と結婚できるかどうかは、自分と相手のどちらかが、状況的に結婚自体が難しいといった問題を抱えていない限り、気の合う仲間同士として日常を送っているのであれば、なんらかのきっかけでその可能性を一気に高めることが実現できます。
明確な告白をしないまでも、お互い、一般的な友情以上のものを感じているという気持ちを高め合えればしめたもので、片思いの彼にも結婚願望があった場合、スピーディーな進展が望めることもあります。
そういった場合、占いで得られた結果から前向きに活用できる方法や、進展させるのに良いといわれる行動を実行に移すなどして、距離をさらに縮めていくことも、結婚への重要なステップになります。
告白するにしても、占いによってもたらされた絶好のタイミングとされる日時を選んで実行することで、良い結果に導く可能性を高められると言えます。
このタイミングでの告白は最適と自覚して行うほうが、不安を払しょくして気持ちを高めるうえでも大いに役立ちますし、それがいい感じの自信となって表情や声音にもあらわれて、告白の瞬間そのものが、相手を魅了する一瞬になることもあります。
結婚したいほど好きな彼であれば、両思いになってから、少しずつ本音のやり取りを増やしてお互いの距離をどんどん縮め、一緒に暮らしていくための基礎固めをして行くほうが、ウェディングベルを早く鳴らすことが実現できそうです。

既婚者の相手に片思い・・・占いで相性が良いといわれたけどどうすればいい?

既婚者を相手に好意を抱いてしまった場合、選択肢は2つです。
「諦める」「諦めない」のいずれを選択するのかによって、その後の展開が大きく変わってきます。
通常、配偶者がいる相手を好きになってしまった場合には、社会倫理に反するということで諦めることになります。
しかし、中にはそういった状況でも諦めることができずに思い続け、「不倫関係」になってしまうこともあります。

とはいえ、ただ単に不倫が悪いといっているわけではありません。
スタートが不倫関係だったとしても、最終的に素晴らしい夫婦になることはもちろんあるので、必ずしも幸せになることができないというわけではありません。
ただ、通常の恋愛関係から発展していく普通の関係とは違い、その可能性が極端に低くなってしまう点が大きな問題です。
かてて加えて、社会的に肯定されることがない状況でもあるため、「世間体」の問題も関係してきます。

男性には少ないですが、そういった悩ましい状況に陥った場合に「占い」に頼って行動を決めようとする人がたくさんいます。
タロット占い、カード占い、占星術、姓名判断、手相などさまざまな占いの方法がありますが、特に方法にこだわるという傾向はほとんど見られません。
方法うんぬんではなく、「結果」が重要とする考え方が一般的だからです。
ただ、「当たる」と有名な占いは偏った種類の可能性があります。

占いの本来の目的は、「悩める人に対して指針となるべきものを授けること」だと思い込んでいる人がいますが、実はこれは正解ではありません。
そういった使い方をすることが一般的ではあるものの、元々は「戦争術」として使われていたものです。
具体的にどのような行動をすれば良いのかという判断を伝えるためのものではなく、「勝敗を占う」「時期を決める」といった段階で「きっかけ」を得るための方法に過ぎません。

現在ではそういった目的で占いを使うことは「少なくとも日本では」ありません。
世界中を見渡せばいまだに多くの環境で占いが戦争の道具として使われることがあるのですが、日本のように平和的は目的でのみ利用している国は比較的少数派です。
それゆえ、占いに対する認識が大きく変わってしまったといえます。

不倫相手との相性が良いといわれた場合、それを理由に不倫に積極的になってしまうことも少なくありません。
最終的には自分と結婚することになるのではないかという希望を抱くことも多いのですが、そういった決断をしているのはあくまでも本人でしかないため、仮に結果がまったく違うものになってしまったとしても誰かを責めることはできません。
なぜなら、「占いはきっかけを得る手段」にしか過ぎないためです。

そもそも、何を根拠に「相性が良い」といっているのかが問題です。
もし、未来を予知することができる人が実在するとして、その人が「将来は素晴らしい夫婦になることができる」といった場合には、それを理由にするだけの根拠として捉えることができます。
しかし、現実的にそういった人が実在している事実は存在しないため、占う人の感覚、予測や勘に頼ったものでしかありません。

その程度の根拠しかないアドバイスに過ぎないものを妄信し、社会的に良く思われない不倫に積極的になるというのは「愚行」だといわれてしまっても反論できない状態です。
当然、恋愛中は盲目的になることも多くの人が理解しているので同情を得られる可能性にも期待が持てますが、そうだとしても「社会悪」としてのレッテルをはられてしまうリスクを避けることはできません。

それでもなお相手のことを諦められなかった場合の一部、「相手も本気になってくれた場合」に限ってのみ周囲から見ても評価できる夫婦になることができるわけです。
ただし、この場合は「元の関係を知っている人がいない状態」である必要があるため、必然的に引越して環境を変化させる必要があります。
また、その状況でも慰謝料や養育費などの不要な負担を負うことになる可能性もあるため、けっして楽な方法ではありません。

不倫をしている人はけっして少なくありませんが、「不倫から成功する人」は極端に少ないです。
恋愛中に人の彼氏や彼女を略奪する状況とはまったく違うため、必然的に成功率が低くなってしまうことは致し方ありません。
特に、「独身女性が既婚男性に対して好意を持っている状況」では成功率が低くなります。

というのも、多くの場合でこういった状況では「キープ」にしか過ぎないことが多いからです。
男性の本当には「多くの子孫を残したい」というものが残っているため、妻以外にも子孫を残せる可能性を探しています。
どれほど口では上手いことを言って女性を納得させていたとしても、「結局はキープでしかない」と考えて行動した方が失敗が少なく済みます。

対して、「独身男性が既婚女性に好意を寄せる場合」に関しては、成功率が高まります。
これは、女性が本能に「より優れた遺伝子を残す」という情報を持っているからです。

年上の相手に片思い・・・占いで可能性を知りたい

数ある悩みの中でも、恋愛に関するものはすぐに解決しないことが多く、自分にとっての運命の相手であるのかどうかを教えてもらいたい方が大勢います。
頼りになる年上の相手に片思いをしている場合では、年下の自分からアプローチしても良いのかで悩みやすく、神秘的な占いによって今後の方針を決めるのもお勧めです。

年上の男性に好意を持っているケースでは、相手にとって年下の女性であることが有利に働きやすく、占いによって後押しをしてもらうことで、幸せな結婚に結びつく恋愛を始められる可能性があります。
逆に、包容力がある年上の女性が好みの男性についても、気になっている人物との相性や、どうすれば片思いから両思いへと進展させられるのかを占いによって探れるのです。

占いは昔から自分の考えをまとめるために利用されていて、特に正解がない分野の悩みにおいて効果を発揮してきました。
時の支配者であれば外交などの国政の方針、個人では片思いの恋愛とどう向き合っていくのかといった具合に、スケールの大小にかかわらず、相手の助けとなるアドバイスを行ってきたのが占いの歴史です。
たとえば、西洋系の占いの代表格であるタロットは、各カードが意味を持っており、プロの占い師が仕事道具として愛用している他にも、漫画などの作品で世界観の一部として取り入れられています。

東洋系の占いは、具体的な質問に対して明確な回答をする西洋系とは異なっていて、姓名判断のように個人の特徴を分析する傾向にあります。
本人が生まれつき持っている運命、名前に秘められた意味という、自分の全てを高い次元から見てくれる点が魅力的で、日本の文化と親和性のある占いだけに、恋愛相談としてもよく用いられているのが現状です。
日本人は基本的に漢字を組み合わせた名前だから、姓名判断は占いのスタンダードとも言えます。

片思いの状況で年下の立場から接近していくのは、かなり勇気がいる行為です。
占いによって相性をチェックすることで、気持ちを落ち着かせてみましょう。
姓名判断は提供する情報が比較的少ないため、オンラインのWEBサイトで簡易的に受けられます。
名前を構成している漢字、ひらがな、読み方と、日常生活で何気なく使用している部分を細かく説明してくれるので、占いの結果を聞いているだけで新たな発見があるのが特長です。

本格的な姓名判断は、街にある占いの館や、オンラインで予約できる電話占いで受けられます。
簡易的な占いは予め用意した回答の中から最も当てはまるものを示すだけですが、正式な占いではその個人に集中して、独自の占い結果を出してくれるのです。
プロの占い師は複数の占術を修めていて、姓名判断であれば同系統の中国の五行などによっても運命を占ってくれます。
長く修行をしてきたことで身につけた占術と、多くの方を占ってきた経験は伊達ではなく、人気占い師は常に順番待ちの状態です。

女性からの人気が高いタロットは、独自のカードをシャッフルして、決められた通りにテーブル上に配置することで、これからの行動をどうするべきか、恋愛では2人の関係を明示します。
スタイルによって細かい部分が違うものの、現在の状況、自分の本当の願い、やるべきこと、やめておいた方が良いこと、行動した場合の妨害などの要素がカードによって分かる占いです。
カードにはそれぞれ象徴的なイラストが描かれていて、一目で直感的に理解できます。

タロットは同じカードでも正位置と逆位置で意味が変わってくる上に、成功を暗示しているカードが妨害のポジションにきてしまうと、その片思いには大きな困難があるとも解釈できるため、占い師の力量が試される占術の1つです。
2人の相性をチェックできて、具体的にどうしたらいいのかを考えやすい形で結果が出てくるから、片思いについて最終的な結論を出したい時や、相手へのお誘いや告白を決断する時に適しています。

恋愛相談として占いが定番であるのは、友人との世間話とは違い、相談した内容について誠実に答えてくれるからです。
相手との相性といったデリケートな話は、顧客の秘密を守ってくれるプロの占い師に相談しましょう。
タロットなどの様々な占術によって、意中の人への片思いにどう決着をつけるべきかのアドバイスを聞けます。
利用時間に応じた料金がかかりますが、それに見合うだけの価値がある内容です。

大人の付き合いは結婚に進展しやすく、運命の人と占いで示されれば、勇気を出して第一歩を踏み出せます。
もしも占いの結果として障害が多いと表示されても、ひとまず現状のままでとどまり、自分の気持ちを再確認する時間を得られます。
どのような占いの結果にせよ、本当の想いを言葉にしてみるだけで心が軽くなりますし、それをきっかけにして冷静に恋心と向き合えるので、1人だけで悩まずに占いで可能性を確かめてみましょう。
占い師によって得意とする占術やスタイルがあるため、片思いの悩みに詳しいプロを選ぶのがコツです。

片思いの相手に恋人がいる・・・チャンスがあるか占いで分かる?

思いを寄せる人が片思いで、その相手に恋人がいるとしても、恋愛占いを行えばチャンスがあるか確認することができます。
夫婦ではなく恋人関係ということは、今後関係が上手く行かなくなる可能性もあることを意味するので、恋愛感情や自分の気持ちがまだ残っているなら、諦めずに占いを検討してみるのが良いでしょう。
恋愛占いの定番はタロットで、片思いの相手の今の状況であったり、今後の可能性について占ってもらえます。
勿論、自分自身に残るチャンスや、可能性も見てもらえますから、将来が気になったら前向きに検討するのが得策です。
現在では、無料のタロット占いも増えていますし、生年月日を元にした、他の占いも自由に選べるようになっています。
占いの方法は千差万別で、いずれも恋愛に適しているとは限りませんが、多くの場合は希望に応えてもらうことが可能です。
例えば、タロットを嗜んでいる友人に依頼する方法もありますが、その占いが無料だとしたら、それは少し考え直した方が無難でしょう。
占いは膨大な知識量に加えて、経験がなければ上手く見通せないので、好意で占ってくれようとする友人であっても実力の確認は必要不可欠です。
つまり、無料だからタロット占いを断るというよりも、無料だと実力がプロ級ではなく、趣味で嗜んでいる可能性が高いのが理由といえます。
恋愛は重要な人間関係の一つで、しかも結婚や将来の家族になる可能性を秘めていますから、ここではより正確に占う必要性が高まります。
片思いの相手とのチャンスを確認したいなら、素人ではなくプロの占い師を選び、タロットを中心に見てもらうのが理想的です。
恋人がいるので自分は身を引く、これは自分の気持ちに対して不誠実で、後々消化できない気持ちを抱くことになりかねません。
チャンスがあるかどうかが分かるだけでも、気持ちの整理に役立つので、占いを少しでも信じてみたい気持ちがあるなら、相談相手の選定を始めてみましょう。
路上の占い師も選択肢に加わりますが、占い師に相談すると決める前には、占いを既に受けたことのある経験者による、率直な評価を確認できることが重要です。
生まれ持った才能やセンスを求められるのが占い師とはいっても、やはり技術は欠かせませんから、どれほどの実力を持っているか客観的に知る必要があります。
気軽に相談できるので、試しに路上占い師に話を聞いてもらうのもありですが、本気で片思いの行方と今後のチャンスを知りたいのであれば、実力の伴う占い師に見てもらいましょう。
インターネットの電話占いは、ウェブページに占い師の写真やプロフィールが掲載されていて、これまで占った人達からの口コミが集まっています。
また、初回に無料の相談時間が設けられている場合も珍しくありませんから、基本的な会話を交わしてから、本格的に相談するか否かを決めることができます。
サービスの利用を検討する際は、占い師の登録者数が多く、多様な占い方法が用意されていることが選定のポイントです。
占い師の多さは、それだけサービスが信頼されていることの証明ですから、登録者数はサービス選択の一つの目安となります。
相談する占い師を選ぶ場合は、写真を見て直感で判断するのも良いですが、ここは使える占いの種類や過去の評価に目を通すのがおすすめです。
タロットは外せませんが、生年月日から恋愛運を見ることができる、四柱推命などが使える占い師も魅力的です。
複数の占いが駆使できるということは、組み合わせてもっと正確な占いを実施したり、一方の占い方法だけでは分かりにくい結果を深く知ることにも結び付きます。
いずれにしても、占い師との信頼関係は結果に影響しますから、相性が良く信じてみたいと思える人に出会うことが大切です。
強い信頼関係の中で行われる占いは、その効果を高く引き上げるばかりか、占う対象が良く見通せる状況にも繋がります。
相手との今後の関係が分かる切っ掛けとなりますから、占いには万全の準備を整えて、この人に見てもらいたいという占い師に相談するのが正解です。
理想的な状況下における占いでは、今自分が抱えている問題点の指摘であったり、相手と深い仲になれる可能性、そして希望する将来に向けた行動の指針がアドバイスされます。
本当に優れた占い師なら、生年月日を見るだけでこれらのことが全て分かるので、今まで占ってもらった経験がなければ人生最大の驚きになり得るでしょう。
気持ちに真摯に向き合ってくれた上で、占いに基づいた結果が伝えられますから、どちらの結果に転んでも納得できるものと思われます。
チャンスそのものを見てもらえますし、評判の良い占い師なら相談してみる価値があるので、誰にも話せず一人で悩んでしまった時は、電話占いを中心に検討してみるのがベストです。
無料相談が提供されているサービスであれば、お金を節約しつつ本格的な占いが受けられるので、かなり精神的に摩耗して行き詰まっている場合でも頼りになります。

« 過去の記事
最新の記事 »